プラチナの価値

プラチナの価値における歴史

プラチナは、採掘や加工が難しいからこそ希少価値があるとされて、権力者に多く使われるようになりました。現在では、その価値は銀よりも圧倒的に高く、金とほぼ同等とされるようにまでなっています。具体的には、1gあたり5千円弱で取引されています。10gほどでも5万円近くで買取されるため、プラチナ製のアクセサリーなどを買取店に売却する人は増えています。たとえ長年使っていなくてくすんだ状態になっていたとしても、デザインが古くても、問題はありません。再加工によって美しく蘇るので、高価買取がおこなわれるのです。

人気の高さと売買の需要

プラチナは、融点こそ高いものの、溶かしてしまえば比較的しなやかなので、金よりも加工しやすい貴金属です。そのため、複雑な形にも加工することができ、凝ったデザインのアクセサリーやインテリアグッズなどによく使われています。そのデザイン性の高さが、プラチナ製品の価値を一層高めていると言えます。また、その白く清らかな輝きが日本人の好みに合うため、特に日本では現在注目されています。結婚指輪の実に90%以上が、プラチナで作られているくらいです。そのため日本では特に、専門業者による買取が積極的におこなわれています。プラチナの相場は、今後もしばらくは高値の状態が続くと考えられているので、売る側も積極的になっています。離婚率の上昇から、プラチナ製の結婚指輪を売却する人も増えていくことが予想されています。